プレゼントイメージ

退職する外国人の方へ送別会で心のこもったプレゼント

会社の同僚にタイ人の女の子がいます。
彼女はとても頑張り屋で外国人なのに細やかな心遣いが素敵な女性でした。
彼女にとって日本は異国の地ですが一生懸命仕事をがんばっていました。
私も年齢が近い同僚ということもあり、とても親しくさせていただいていました。
会社での仕事も軌道にのり始めたころに、彼女からとてもショックな報告がありました。
母国の母親が病気を患ってしまい母親の看病のために祖国へ帰らないといけないので退職しますと打ち明けられました。
彼女は会社のなかでとても優秀に業務をこなしていたので退職はとても残念だなと思いましたが、母親の看病のためなら一刻も早く祖国へ帰り看病して欲しいと思ったので彼女の決断を応援しました。
その後、チームメンバーにも退職の意向を伝えチームメンバーで彼女の送別会を盛大に行い皆で彼女を送り出すことになりました。
私はとても仲が良かったこともあり幹事を務めました。
送別会では彼女に心のこもったプレゼントを贈りたいと考えました。
一つ目はチームメンバーの気持ちを伝えた寄せ書きを贈ることにし、業務で忙しいメンバーの空き時間を利用して彼女へメッセージを記して貰いました。
寄せ書きには彼女とみんなで撮影した記念写真を真ん中に配置しその写真を囲むようにメッセージを記しました。
祖国へ帰っても私たちのことを忘れないように写真と寄せ書きをみて日本のことを思い出して欲しいと願いをこめました。
寄せ書きの他に日本らしい素敵なプレゼントも贈呈しました。
女性にはぴったりの扇子を贈りました。
普段では購入しないような高級な扇子を贈りました。
淡いピンク色に素敵な花柄が描かれた扇子でケース付きのとても素敵な扇子でした。
日本らしいプレゼントを贈ることで彼女が日本のことを少しでも思い出してくれたらなと思い皆でたくさん悩んで選んだギフトです。
送別会の日、彼女は私たちからのプレゼントを大粒の涙を流しながら受け取ってくれました。
送別会を開いてもらい皆が集まってくれたのも嬉しかったし、寄せ書きや扇子の贈り物にもとても感動したと話してもらい幹事を務めた私も大変うれしく思いました。
特に寄せ書きはメンバー全員のメッセージが書かれており、祖国へ帰ってからも皆の顔が直ぐに浮かぶからとても嬉しいと話していました。
扇子は療養中の母親にみせて、日本の素晴らしさを伝えると話していました。
彼女は今祖国へ帰り母親の看病をしています。
みんなで送り出した送別会の思い出がいつまでも彼女の心の中に残り続けていると嬉しいな。

Copyright(C) 2010 おくりもの.com All Rights Reserved.